日傘には寿命があります

お問い合わせはこちら

ブログ

日傘には寿命があります

2019/07/24

やっと良いお天気になりました。

梅雨明けも間もなくですね。

 

こんな時期に大活躍してくれる日傘

最近では、高校生や男性も使われています。

紫外線対策には必需品です。

 

そんな日傘に「寿命」があるのをご存じですか?

 

UVカット加工された日傘の寿命は

2年~3年だそうです。

それも丁寧に扱って。

 

たいていの日傘は晴雨兼用のものが多いですが、

濡れたままにしておくと劣化が早くなります。

 

また、摩擦による布地の劣化でも

日傘の寿命は短くなります。

なので、折り畳みタイプの傘は長傘に比べて

開閉の回数が多いので寿命も短くなります。

 

せっかく紫外線防止のつもりで使っている日傘に

紫外線防止効果がなくなっていたら…

ガーン!!

 

お気に入りの日傘、長く使いたいなら

ときどきUVカットスプレーをかけると

少し長持ちするようです。

 

でも、通常の使い方をしていてしっかり紫外線カットしたいなら

1~2年で買い替えるのが一番良いそうです。

 

私の日傘も、もう3年以上使ってるかも(-_-;)

そろそろ、いえ、早急に買い替えないと💦

 

日傘選びのポイント

〇 紫外線をカットしやすい素材

  厚地のポリエステルなどの化繊

〇 色

  UVカット加工がしっかりされていれば黒でなくても良い

 (黒は紫外線の透過率は低いが、熱を吸収するので熱くなる)

 ※注意するべきは傘の内側

  アスファルトなどからの照り返し

  反射紫外線をカットするために、

  裏側にもしっかりUVカット加工がされているもの

  こちらは黒がベスト

  シルバーコーティングなど光沢のあるものは

  反射した紫外線を集め、

  顔に集中するので逆効果です。

 

こんなことを参考に日傘を選んでください。

 

でも、日傘だけでは不十分。

☆しっかり日焼け止めをぬる

☆長袖や手袋でカバー

☆UVカット率が高く薄い色のサングラス!

☆髪の毛にもUVカット剤

老化したくなければ必ずこれらをお忘れなく!!

 

大切なお肌のケアの仕方は

モイスティーヌ八木内膳サロンにお問い合わせください